ラブライブの楽曲で勇気づけられた話

当記事はラブライブ! Advent Calendar 2017 - Adventarの14日目の記事です。

この企画で記事を執筆するのは2回目になります。前回同様、ポエム的な側面が強い記事になりますのでご了承ください。

また、後段の話は全くラブライブ!とは直接には関係の無い個人的な話にはなりますが、皆様のキャリアを考える上での参考になればとの次第です。

 

好きな曲は?

Aqoursの曲で好きな曲を一つ挙げるとしたら?と問われた際、皆さんそれぞれの好きな曲があると思います。楽曲が豊かなコンテンツならではの魅力ですね。

では私はどうなのかと言われれば、数ある楽曲の中でも「ダイスキだったらダイジョウブ!」と答えることが多いような気がします。

ストーリー本編での楽曲の展開のされ方も勿論、特に歌詞に共感する部分が多いのが大きな要因でしょう。

“やってみよう” 決めたのはどうしてかを 説明できる言葉はつたないけど

何故その行動を取るに至ったか、その行動の主軸にあるPrincipleは何かを突き詰めていくようなフレーズがここにあるのではないのでしょうか。「説明できる言葉はつたない」というところにも、女子高校生というティーンエイジャー特有の未熟さも感じられます。短いながらも作品やキャラクターを感じることが出来る、秀逸なフレーズです。

(余談ですがこのパートを逢田梨香子さんが歌っているのもまた良いですね。声が好き。)

 

楽曲と思い出の結びつき

楽曲を聴いていると、「聴いていた時はこうだったな」など、その時の思い出が出てくることは多くの人にあることだと思っております。記憶が五感と結びつくことは、恐らく自然なことでしょう。

では私は、と言うと「ダイスキだったらダイジョウブ!」を聴くと2017年の2月の末を思い出します。Aqoursの1stライブですね。その時に初めて、この曲が歌う「迷いながらも初心を思い起こし、進むべき道を選択する決心」のようなテーマに共感した覚えがあります。

 

それでもスタートしたのは運命かな

私個人の話にはなりますが、大学を卒業した後に日系の投資銀行に就職しました。ちょうど1stライブの頃には、働き始めて数年が経とうとしており、一通りのアナリストとしての所作もこなせるようになったのかな、と思っていました(今思い返せば全然まだまだなのですが。)。

そんな時に幸運にご縁も有り、とある外資系の投資銀行からオファーが出ました。

この時、今まで自分を指導してくれた上司に対する裏切りのような気持ちに葛藤したり、仕事内容はあまり変わらないとはいえ、リストラに遭うリスクも覚悟でどこまで自分の人生において、私生活を犠牲にして仕事に生きていくのか、ということについても考えさせられました。

そんな迷いを抱えた私がふと大事なことに気付かされたのが、上記のフレーズです。

何故今の仕事を始めたのか、何をしたいのか、そして何になりたいのか。自らの行動規範(あえてここでは明確には書きませんが)を思い起こすことで、日系企業で働く安定を捨ててでもリスクを取りに行くだけの理由が自分にはあるな、と1stライブで決意した思い出があります。

個人的な事情ではありますが、そのような意味でも、物凄く思い出深い曲になったな、と思っております。

 

余談:現状について

本当に「ダイスキがあればダイジョウブ」だったのか、ということを少し記述したいと思います。

結論から言えば「何とか大丈夫」ではありましたが、日系と外資系では違う点が多くあり、そこに慣れるのに数か月は苦労した覚えがあります。普通にクビが起こって人が居なくなるのはもう慣れましたが。あとここまで書いておいて大変申し訳ないのですが、体調を崩してこれ以上筆を執る気力が無いので、転職の話とか日系から外資系への転職に興味のある方はTwitterなり質問箱なりで質問してくれれば適宜回答します。ここまでお読み頂いた皆様、ありがとうございました。